デートコード


          こんにちは。生産部の渡辺です。

弊社が手がける製品にはデートコードで製造年月日を明確に管理しております。デートコードですが、フォーマットは各社異なるようです。弊社が主に手がけるフィギュアにはダイヤル式の丸い形の表記で成型物に直接表示しているものもあります。フィギュア自体が小さすぎて表記できないものはパッケージに表記するなどしております。なぜこのような製造年月日が必要かというと、製品に重大な不具合が発生したときなどに製品はいつに製造されたものなのか?追跡調査を行う場合に役に立ちます。問題のあった製品の製造年月日を基に対象ロットを特定して速やかに社会的危機の回避及びコストや時間などの損失を最小限に抑えることができます。弊社の扱っている玩具以外にも色々な部品や製品にデートコードがあります。

161024_1045

基板に取り付けるマイクロチップ(IC)や電気部品、車のタイヤなど。製品番号とは異なり、不可思議な数字とアルファベットの組み合わせの桁があればそれが製造年月日になります。食品のように賞味期限は一般消費者でも分かるように記入されてますが、製造年月日はあくまでも製造側のためのコードなので暗号化されているのが通常です。一度製品の製造年月日を見つけましたら解読してみてはいかがでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る