TELお問合せ時間
03-6657-1841
平日10:00~18:00
材料選定の目安 – フィギュアOEMのエキスパート Hashy group

材料選定の目安

こんにちは。品質管理の清水です。
今朝のNHKニュース・まちかど情報室で弊社のにゃんこ計が取り上げられました。

頭を軽く押していただくとお部屋の温度・湿度をセンサーで感知、状況に応じたおしゃべりをしてくれます。是非是非、宜しくお願いします。

さて、ここのところ品質管理にかかわるお話ばかりでしたので、本日はこのブログにふさわしく、材料選定の例をご紹介したいと思います。
別担当の過去ブログでも材料の件は、何度か触れさせて頂いておりますので、本日は簡潔に書きます。

・ポリストーン 
 仕上がりは石膏のような風合い。
 メリットは金型を必要とせずシリコン型で成型するため、原型のディテールをほぼ損なわずに仕上がります。
 また、小ロットで比較的安価に作ることが出来ます。
 デメリットは、石膏のようにできているため折れやすいことです。

・PVC
 柔らかな素材であり、フィギュアの素材としては最もポピュラー。
 メリットは材料自体が安価で扱いやすいこと。
 デメリットは多少なりとも可塑剤を使用しているため、玩具基準などでは厳しく規制されている項目がある。
 また、金型を作る必要があるため、固定費が数十万~数百万円かかる。

・ABS
 固い材料ですが、材料にブタジエンが入っているため、材料に粘りがあり、万が一折れてもシャープポイントになりにくく、PVCと並んでポピュラーな素材。
 メリットとしては上述通り、万が一折れてもシャープになりにくく、且つ丈夫な素材であること。
 デメリットはPVC同様、金型を作成する固定費が数十万~数百万程度かかることと、固い素材であるため、型抜きの都合上、形状に制約を受ける。

などがあり、作るものの形状や生産数によって最適なものを選定します。

ご相談御待ちしております。

宜しくお願い致します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る