TELお問合せ時間
03-6657-1841
平日10:00~18:00
ゲートカット – フィギュアOEMのエキスパート Hashy group

ゲートカット

こんにちは

生産部の濱田です。

中国の生活にも少しずつ慣れてきたところです。

ゲートカットのお話をしようと思います。

商品は成型後ランナーという物がついた状態で出来てきます。

( プラモデルの切り取る前のような状態をイメージしてもらえるとイメージしやすいかと思います。)

そのあと、そのランナーを切り取っていきます。

切り取る方法はにはカッターやニッパーがメインですが、

小さなゲートなどは擦ったり 熱して溶かしたりする場合もあります。

カッターについても普段使っているものとは違い、刃が折れて商品に混入しないように折れ目のないカッターを使用します。

持ち方もコツがあり、カッターを持って自分の手でハサミを作るようなイメージでカットします。 円形や細かいバリ取りは凄く難しく、

なかなか形状に合わせて切ることが最初は出来ません。

バリも1度、もしくは2度目で取りきらないといけないのでそこも最初はなかなか上手くいきません。 やってみるとわかるのですが、 現地のワーカーさんは正確に速くカットしていく技をみると凄いと感じます。

皆さんも是非プラモデルパーツなどで一つのパーツがどのぐらいでカットができるか試して下さい。 ちなみに簡単なものであれば、

上手いワーカーさんはでは2秒もかからず仕上げてしまいます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る