消しゴム


こんにちは、生産部の小林です。

今日は皆さんも良く知っている消しゴムについてです。消しゴムもプラスチックなので分野は同じになります。

消しゴムは鉛筆などで書いたものを消す時に使う文房具で、字消しと呼ばれるものです。

消しゴムの材料の多くは、ポリ塩化ビニル(PVC)に可塑剤を加えて軟質に固めたものです。そのほかにもTPR樹脂やTPE樹脂でできているものもあります。中国生産での消しゴムの材料はTPR樹脂かTPE樹脂が多いのではないでしょうか。

消しゴムとひとことでで言っても種類があり、プラスチック字消し、ゴム字消し、砂消しゴム、練り消しゴム などがあり ます。

また、消すことを目的としていない消しゴムもあり、知っているひとも多いかと思いますが、スーパーカー消しゴムやキン肉マン消しゴム、食べ物を模した消しゴム などです。

製品名に消しゴムという名称を使う場合、単純に消しゴム素材使用していれば良いわけではなく、JIS規格で定められている消し能力(消字率)をクリアしなければいけません。その消字率は80%以上となっています。

文房具として一般的に使用している消しゴムは四角いもので、これは厚みのあるシート状にプレス成型したものをカットして作られています。

キャラクターなどフィギュアの形状をしているものは、PVCなどのフィギュアと同じ成型方法で作られています。ただし、PVCフィギュアのようになかなかきれいな外観に仕上がらないのが難点ではあります。

弊社もこの消しゴム素材の製品を扱ったこともございます。消しゴム素材でのご相談もお待ちしております。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る