成型品のゲートについて


こんにちは、生産部の小林です。

今日は射出成形金型(樹脂金型)のゲートについてお話いたします。

ゲートは成型品に樹脂(プラスチック)を流す入り口です。

ゲート口

成型品の入口のほかに いろいろな役目があります。

金型の成型品ができる部分に 樹脂が流れ込むときのスピードや方向をコントロールしたり、樹脂の流れが終わった際にゲート部が先に冷えて固まることで樹脂の逆流を防ぎ、樹脂を流す圧力の調整をします。さらに、ゲート部分は細くなっているので、成型品からカットすることが簡単にできます。

ゲートはこのようなことをしてくれる大事な部分です。

ゲートの方式(種類)はいくつかあります。

・サイドゲート (フィギュアの金型はこのゲート方式が多いです)

 成形の後にゲート口をカットします。

サイドゲート

・サブマリン(トンネル)ゲート

 成型品が金型から離れる際にゲートは自動切断されます。ゲートカットが不要です。

サブマリンゲート

・ピンゲート(ピンポイントゲート)

 成型時の金型が開く際に成型品から自動切断されます。 ゲートカットが不要です。

ピンポイントゲート

これらが多く使用するゲート方式です。まだまだ他にもいくつものゲート方式(種類)があります。

金型を造る前に、製品の仕様や形状、外観、構造を考慮して作製いたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る