よりかっこ良く見せたい!パッケージにもこだわりを。”大事なこと その6”


こんにちは!生産部の齋藤です。

フィギュア本体の成型、色、品質管理など、さまざまな事に気を配り、遂に完成したとびきりの商品だからこそ、できれば売り場でもとびきりかっこ良く並べたいですね。

特にキャラクターフィギュア商品の場合、消費者の方が店頭で実物を触ったり動かしたりして商品の良さを確認することはなかなか難しいため、フィギュアがパッケージに入っている状態での訴求をしていかなければなりません。

たくさんの商品が並ぶ中で目に止まりやすく、フィギュアをより魅力的に見せることができるパッケージにすることも、フィギュア生産では重要なポイントです。

どんな形のパッケージで、どんなレイアウトでフィギュアを配置して、どんなポーズがキャラクターを一番かっこ良く見せられるのか、お客様と相談しながら進めていく工程はとてもワクワクします。まるでわが子の晴れ着を選ぶような気分(!?)

では、パッケージはとことん豪華にした方がいいの???

という疑問を持つ方もいるかもしれません。確かに豪華絢爛大きなパッケージにすれば存在感は十分ですが、中のフィギュアとのバランスや、製品コストも心配しなければなりません。

最適なボリューム感を保ちつつ、より商品を際立たせるパッケージを目指して、わたしたちは日々、大小さまざまな工夫を凝らして取り組んでおります。

こちら弊社オリジナルの新商品にゃんこ計にも、商品が売り場で可愛く見えるひと工夫があります。

キュートなにゃんこが温度と湿度をお知らせします

キュートなにゃんこが温度と湿度をお知らせします

にゃんこの前足の位置を調整することで、売り場を通るお客さんと、にゃんこの目線が合うように少~し上目遣いなレイアウトになっているんです。

小さな違いでも、デザインチームの想いがこもったアイディアのご紹介でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る